スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金時山

山岳渓流に行きたい!

でも、禁漁。(涙)

せめて、山に行きたい。。。林道を歩きたい。。。
と、思っていたら、FOX FIREの店員さんに、「金時山のツアー」を教えていただきました。

せっかくなので、子供も一緒に行きたい!
でも、子供は5才。少々、心配になって、、、恐る、恐る、

『いままでで、ツアーに参加されたお子さん、一番小さくて何歳くらいでした?』

と聞くと。

『20歳くらいでしょうかぁ〜、、、、、。』

『、、、。(話にならん、、。子供ちゃうやんけ。。。)』

まぁ、迷っててもしょがないし、最悪、『ダッコ』と決め込んで、2人で参加。。

まずは、登山口に集合し、テクテク。トコトコ。テクテク。トコトコ。

k1.jpg
[copyright(c)FOX FIREさん]

親の心配をヨソに、息子さんは、林道歩かず、ワザワザ、険しい道を、あっちに行ったり、
こっちに行ったり。
ガケには登るし、山道のロープでターザンするわ、、、。高い所があれば必ず登る。まさかのチビ猿?

わざわざ、危険なことをする。これは、子供の特性か?
まぁ、親も、似たようなことやってますが、、、、、。

親爺は、怪我が心配で、走って着いて行き、一緒に登って、『はぁ〜、はぁ〜、ぜぇ〜、ぜぇ〜。』

ホント、釣りよりしんどい(汗)

しかし、子供の体力、スタミナ、恐るべしです。ホントびっくりしました。
彼らには、筋肉痛とかは、無縁のようです。

途中では、FOX FIREインストラクターさんに、木々、花々の名前を詳しく教えてもらえ
ました。

リンドウ

リンドウ??でしたっけ、。(自信無し)とか、

?

???教えてもらったけど忘れた、、。(いいかげん)、、、とか。

木々は、ブナを中心に、ヒメシャラ、リョウブ、アセビ、ウリハダカエデ(ウリ坊のハダみたいで)、。

雄大な木々をじっくり見ると、その過ごして来ただろう、
『長ぁ〜い時間』、。彼らの『ゆぅっくりとしたトキの流れ』
に、少々感動を覚えます。

異常にセカセカした日常。山に入ると、目に入る『ジッと変化の無い情景』に、自然と心が落ち着きますね。

都会で強制的に早められる体内時計を、山の中でゆっくり戻してもらい、
テクテク、トコトコ、ゆっくり歩きます。
いよいよ、山頂へ到着!

『やったぁ〜』

子供と喜びの握手。山頂の絶景を堪能しました。
富士山やぁ〜!!!関西人は、富士山が好き。日常で富士山を見ることが無かったので、異常に、富士山に
感激します。子供は、関東人。自宅からも見える富士山は見慣れているのか、、、別に普通。

山頂

まぁ〜正直言うと、山頂の人の多さにはびっくりしました。途中の雄大な自然からすると、少々興ざめ感。

トレッキングが人気とうわさには聞いていたけど、まぁ〜凄い!『ラッシュ時の駅か?』って位、人がいました。(笑)

なんとか場所を探し、山頂でお弁当を食べ、子供とはしゃいで、無事記念撮影。

k5.jpg
[copyright(c)FOX FIREさん]

怪我もなく、めでたく、下山となりました。

下山ルートは、登りと違うルート。途中の乙女峠では、マタマタ、富士山が綺麗でした。

k6.jpg

朝、10時位から登り初め、夕方16時頃解散。足のハリも心地よく、満喫でした。

冬の金時山は、積雪20cm程度だとか。
プチ雪山登山、縦走が楽しいそうなので、チャレンジしてみるか!って考えています。

釣りで知った、FOX FIREさん、今度はトレッキング、さらに山登りもドンドン、お世話になろうか。なんて、思っています。なにより、子供と楽しめるのが、いいですね。


最後に、
FOX FIREのスタッフの皆様。途中での詳しいガイド、子供へのお気遣い、ありがとうございました。地図の見方、方位磁石の使い方、フライのお話なども頂き、釣り談義の方も面白かったです。
また参加します。((ちょっと写真頂きました。。))ありがとうございました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。